ピカピカにしておこう!自分でできる機械式時計の手入れ

心臓とも言えるムーブメント

機械式ムーブメントは、歯車やゼンマイによって電気の力がなくても時計が動くことになります。この心臓部分の構造は非常に複雑であり、ちょっとしたことでも動かなくなってしまいます。一般の人の分解修理は困難を極めるため、専門の修理業者に依頼をすることになります。オーバーホールでは、分解して一つ一つのパーツに不具合がないかの確認が行われ、さらに掃除をして油をさしてもらうとなめらかに動き始めます。数年に一度はこの分解清掃と調整の手入れを受けておけば、大切な機械式時計も長期間使えることになります。

肌に触れるから清潔にしておきたいベルト

時計の中でもベルト部分は、手首に巻きつけることから皮膚の汚れが付着しやすいことになります。皮革ベルトとなると、水に弱いことから洗うことができません。革靴と同じような扱いになりますが、先に革用のクリームを塗り込んでおくことで汚れを防止することができます。金属製のベルトの場合には、コマとコマの間に汚れやゴミが入りやすいため、意外と汚れているものです。ブラシを使ってほこりを取り除いたり、ベルト部分だけを外して超音波洗浄機を使ってみるのも効果的です。

顔ともなるガラス面をきれいにしよう

文字盤のあるガラス面は、指で触れた時に皮脂や指紋の跡がついてしまいます。着脱の時は、なるべくこのガラス面に触れないこともポイントとなるのですが、ついてしまった汚れは必ず傷がつきにくい布を使用して乾拭きをします。鹿革が適しているのですが、ない場合には眼鏡ふきでも構いません。

時代が変わっても変わらない優れたデザインの素晴らしさは、グランドセイコーが誇る特徴の一つであると言えます。