普通のタバコとどう違う?電子タバコの使用方法を紹介

まずは仕組みを知ることが大切

電子タバコの使用方法を知る前に、まず知っておかなければいけないのが電子タバコの仕組みです。電子タバコはバッテリー、アトマイザー、リキッドを保持するカートリッジの3つから構成されていて、カートリッジ側に口をつけてタバコを吸います。まずそれぞれの部品をセットすると、カードリッジ内に含まれているリキッドがアトマイザーにしみ込んでいきます。そうしてリキッドのしみ込んだアトマイザーにバッテリーから電流を流すことで熱が発生し、リキッドがミスト状態となるのです。

使い方はシンプルかつ簡単

では実際に電子タバコの使い方はどうすればいいのかというと、まずは自分の好きなリキッドのカートリッジを購入し、それに合ったアトマイザーやバッテリーを購入します。通常はこれらがセットで販売されていることが多いため、初めての場合はセットでの購入がおすすめです。そうしてそれぞれの部品をセットした後は、バッテリー側の電源を入れることでリキッドがミスト状態になるため、カットリッジ側から普通のタバコと同じように吸い込むだけとなります。

吸い終わったらカートリッジを取り換えれば続けて吸うことも可能ですし、バッテリーが切れた場合は充電すれば長時間利用することもできます。

使用する際の注意点はあるのか

まず注意しておかなければいけないのが、バッテリーの充電です。バッテリーの充電が切れてしまうと電子タバコを吸うことはできないため、こまめに充電することが必要となります。また普通のタバコと異なり、お手入れをしなければ事故やトラブルの原因となってしまう点も注意しなければいけません。

電子タバコ「vape」とは、リキッドを加熱する事によって出た水蒸気を吸って、タバコの味を楽しむものです。本物のタバコと同じくらいの満足度が得られ、水蒸気なので無害です。