贈り物に対するお礼は社会人の礼儀?内祝いの選び方を学ぼう!

内祝いの意味と注意点について

内祝いはお祝いをしてくれた人に対する返礼を意味します。結婚や出産などのお祝い事に対して贈り物をしてくれた人に対する返礼を指し、およそ一ヶ月以内に届けるのが一般的です。相場についても頂いた贈り物の約半額ほどに留めるのが礼儀とされています。価値が極端に異なる物をお返しにするのは非常に失礼なこととされているので注意が必要です。また、結婚式の引き出物のように個人名が記載されている物も内祝いには相応しくありません。贈り物に対する返礼であることを意識し、相手に喜んでもらえる物を選ぶのが社会人としてのマナーになります。近年では内祝い用のギフトセットが売られているので、相手によって返礼の品を変えるなどの細かいこだわりが無い人には便利です。

内祝いに向いているギフトセットの詳細

内祝いに向いている返礼品としてカタログギフトが挙げられます。カタログギフトは予算に該当する品物を受け取った側が自由に選ぶことが出来る特徴があります。相手の好みに合わせる手間が省けるので贈る側のメリットも大きく、内祝いをはじめとする返礼には最適と言えます。利便性の高さが魅力のカタログギフトですが、相手に品物を選んでもらう形になるので選択肢が多い物を贈ることが重要になります。また、人によってはカタログだけを贈って終わりになることに拒否感を覚えるケースもあるので注意が必要です。内祝いは祝ってくれた相手への感謝の気持ちを示す物なので、相手の心情を把握して判断することが社会人としての心得になります。

内祝いとは祝い事やおめでたいことに対してお祝いを贈ることです。対象は言葉どおり身内に対してとなります。